幸せを日常的に感じる

パズドラ歴7年目に突入しました〜! 自由に生きること(ストレスやしがらみの無い生活)を目標にして日々を過ごしています! ふと思ったことなど書いていきます。

些細なことで《やる気の炎》を失わないための心掛けとは?

せっかく灯ったやる気の炎なら消したくないと思うのが人の常だと思います。

特にやる気の炎が灯り始めたばかりの頃は、ホントに些細なことでやる気が失われることがあります。

いつもダイエットに失敗する人、何事も続かない人などはその些細な影響を受けていることが多いあると思いますよ。

でも大丈夫です。

ロウソクだって少しの微風なら消えることはありません。

やる気だって同じことです。

風で消えそうなら守ってあげれば良いだけですから。

 

家庭に潜む些細な風

f:id:iarann:20191002044845j:image

世の中には、一人暮らしの人、結婚している人、親と同居している人など様々な生活模様があると思います。

共通して言えるのは【家事や育児、自炊、買い物】など生きていく上で最低限必要な夫婦の協力や行動がつきまといます。

例えば結婚して家庭がある場合、育児の協力や家事の手伝いなどがあります。それらに時間を取られてしまったり、イレギュラー(子どもの病気など)が起きた時に自分の時間が取れなくなる場合があります。

せっかく意気込んでも「自分の時間が取れないんじゃ今日は仕方ない」と割り切りそのままズルズル遠ざかってしまうこともあります。

一人暮らしの場合でも、ハメを外しすぎて深夜帰宅や朝まで遊んで1日が潰れたなんてこともあるかと思います。

そんなことでやる気の炎はすぐに消えてしまいます。

でも5分、10分のスキマ時間は1日に何度もあるはずです。その時間を上手く活用すれば何事も継続出来るはずです。

その為には「ハードルを下げて」毎日コツコツすることが大切ですよ。

 

www.raiann.work

 

仕事に潜む些細な風

f:id:iarann:20191002045021j:image

多くの人は会社勤め(サラリーマン)だと思います。

私もその一人です。

雇われている以上、急な仕事で帰宅時間が遅くなるのも致し方ないことだと思います。

1日中働いてヘトヘトになって帰宅したあと、更に身体に鞭を打ち無理やりやる気の炎を燃やして続けているとどうなると思いますか?

その結果、継続しようとしていることが「苦痛」になると思います。

だってそれをやらなくても元の日常に戻るだけだし、自分に困ったことなど何一つ起きないのですから。

何より苦痛にならなくて快適に過ごせると思います。

でもそれだと何一つ進展しませんよね。

現実を変えるには想像を絶するエネルギーや情熱が必要です。

特に始めたばかりは少しの風(妨害要素)でも消えてしまうので多少の無理も必要だと思います。

やる気の炎が安定すれば、あとは油(情熱など)を注いであげるだけでそう簡単には消えないと思います。

最後に

一度止まった乗り物(自動車、自転車など)を再び動かすには膨大なエネルギーが必要です。

でもゆっくりでも動いていれば加速するのは比較的容易なことです。

時間がないならないなりに自分が満足できるところまでハードルを下げてあげ、少しだけでもいいから続けることがホントに大切だと身に沁みました。

一度止まったやる気を再び呼び起こすのは苦労します。

小さい進歩でも「継続すること」が何より大切ですよ。

 

以上、ありがとうございました☆