育児時々ブログ

2児の父親が綴るパパ目線のブログです。上は3歳で下の子は0歳! 役に立つ情報を書きたいと思います♪

ママ友が必要か悩む人に!相談出来る友達が足枷になってませんか?

育児で困ったときに悩みを相談出来る友達は有難いものです。

けど、その友達が足枷になってしまう場合もあります。

この記事は【ママ友は本当に必要なのか?】悩む人向けの記事です。

 

どこまでがママ友なのか?

f:id:iarann:20190712210233j:image

「ママ友=友達(気のおけない友人)」という意見もありますが、「ママ友=子どもを通じて友達」だというのが一般的のようです。

やはり子ども中心の話題となるため、「親友」などという表現は少し違います。

でもママ友が親友となる場合もあります。

子どもが大きくなって、それまでの付き合い(ママ友等)がなくなっても連絡を取り合ったり、生活における悩みを相談しあったりランチなど同じ時間を共に過ごす時間があるのであれば友人(親友)と呼べるんではないでしょうか。

ママ友を持つメリット

f:id:iarann:20190712210259j:image

ママ友を持つメリットとして育児の《悩みや困ったこと》を相談したり、共感してくれることだと思います。

夫では分かってくれないことも同じ環境で子育てをするママなら分かる部分も多いですからね。

私の主観としてはママ友を持つことで《コミュニケーションや会話する相手が増える》など育児の悩みを一人で抱え込むことは少なくなるからいいことだと思います。

時に良き「先輩」、時に良き「友達」

育児で悩むとまずは自分の"母親"に相談すると思います。しかし時代が違えば解決方法も変わってきます。

そこで同世代のママ友に相談すれば解決出来るかもしれません。

ママ友に育児の先輩がいれば良きアドバイスを貰えるし、時に想いを共感してくれるはずです。

夫では分からないことも共有できる

異性である夫に話しても通じないことがあるはずです。

でも同性であるママ友に話すと理解してもらえることがあります。

想いを共有するってことはストレス軽減にも繋がりますよ。

コミュニケーションが増える

普段は部屋で子どもにつきっきりだと気が滅入ります。

でも社交の場(ママ友と交流)にいくことで話し相手がいます。人と話すだけで気は紛れます。

コミュケーションがあるだけでモチベーションは変わってきます。

ママ友を持つデメリット

f:id:iarann:20190712210404j:image

ママ友を持つデメリットとして、行きたくもない場所にも参加しないといけないという「暗黙のルール」があります。

そして常に「ハブられる、集団で無視される」など仲間外れにされる恐怖が付きまといます。

カフェで長時間に渡り無駄話を聞くのが苦痛と思う人もいます。

でも「苦痛だから行かない」では関係が崩れてしまうから言えなくて悩んでいる人もいます。

昼下がりの無駄なランチ

子どもが「幼稚園・小学校」などでお迎え待ちのお昼にランチのお誘いがあるかもしれません。

でも気分が乗らない時でも"みんなが参加してるから"参加しないといけないという暗黙のルールがあります。

無駄な《出費や時間》を過ごしたくない人もいるはずなのにママ友のお誘いを断ることで関係が壊れてしまうのを恐れて断れない人もいます。

陰口・仲間外れの恐怖

人と繋がるということはリスクも伴います。

自分がいない所で陰口を言われているのではないか?とか自分だけ連絡がこないのじゃないか?とか疑心暗鬼になってしまいます。

face bookや Twitterなどと同じで繋がることもあれば、外されることもあるので「ショックを受けない距離感」を保つことが大事です。

関係を大事にするあまり

ママ友との関係は大切です。

でもその関係を優先することは「自分のことは後回し」にするということです。

お誘いを断ったら「申し訳ない」とか「怒ってないかな」とか思ってしまいますが、断る勇気も時には必要ですよ。

まとめ

ママ友は貴重な「理解者・共感者」です。

同世代だから分かることもあるので関係はなるべく大切にしたいものです。

でも「必要か?」と聞かれたら私なら「浅い付き合いの友達なら必要」と答えると思います。

浅い付き合いならたとえ仲間外れにされてもショックは少ないし、気分が乗らないお誘いを断っても罪悪感なく過ごせます。

友人・親友とママ友はそもそも付き合い方が違うのです。

 

以上、ありがとうございました☆★