育児時々ブログ

2児の父親が綴るパパ目線のブログです。上は3歳で下の子は0歳! 役に立つ情報を書きたいと思います♪

騒がしい子どもが悪い?それとも口うるさいおじさんが悪い?結論は・・?

商業施設や公共交通機関において【騒がしい子ども】は時に周りの迷惑になります。

口うるさい(クシャミ、話し声、他人に怒る)おじさんも迷惑になっている場合があります。

どっちが悪い?この記事は【小さいお子さんを持つ親御さん向け】の記事です。

 

赤ちゃんはよく泣くもの

f:id:iarann:20190711184631j:image

子どもとバスや新幹線に乗った時、子どもが泣き出して周りから【冷たい視線】を感じたり、「どうにかしろよ」など冷たく心無い言葉を浴びせられた経験を持つ親御さんはいるはずです。

小さい赤ちゃんはよく泣きます。よく泣くものなのに分かってくれないのが現状です。

私の場合は新幹線で大阪に行った時に、子どもが突然泣き出して「すいません」と言いながら慌てて車内から出てあやしていた経験があります。

でも私がそこで疑問に思ったのは「子どもが泣いているだけ」なのになぜ謝らないといけないのか?と思いました。

そりゃ公共の場ですが、赤ちゃんが泣き出しも優しく見守ってくれる想いやりが大切なんじゃないでしょうか。

子どもは騒ぐもの

f:id:iarann:20190711184736j:image

子どもはじっとしていることなど出来ません。

小さい子どもがじっと椅子に座っている光景を見たらどう思いますか?

一瞬は「賢いな」と思いますが、けどその賢さが逆に不安になったりしませんか?

最近は子どもの虐待が増えています。

育児放棄、虐待事件など子どもに関する痛ましい事件が後を絶ちません。

商業施設などで走り回る子どもを見て「大人しくしてろよ」と思った人もいらっしゃるでしょう。

でも自分の幼少期を振り返って下さい。

時代は違えど、大人しくなどしてはいなかったはずです。

そう思えば「うるさいな」とか「大人しくしてろよ」などの感情は湧いてこないと思いますよ。

口うるさいおじさん

f:id:iarann:20190711184750j:image

おじさんは何をするにも騒がしいです。

携帯の音、クシャミ、話し声、どれをとっても騒がしいです。

加齢と共に身体が衰えるのは致し方ない部分もあります。みんな通る道だからといって笑って許せる時もあります。

でも自分が気にくわないマナーをしている子どもを大声で叱る姿は許しがたい光景だと思います。

私が体験したのは、ホテルのバイキングで走り回る子どもを掴まえて大人気なく叱るおじさんの姿でした。

確かに子どもを注意しない親御さんにも責任はあります。バイキング形式なので夢中で子どもにまで気が回らなかったと言えば言い訳にも聞こえます。

ただ子どもが怯えて泣いているのに周りの目も気にせずそれでも叱り続けるおじさんに非はないのかと言うことです。

結局どっちが悪いのか?

f:id:iarann:20190711184813j:image

子どもを注意しない親には非はあります。

節度をわきまえないおじさんにも非はあります。

しかし、子どもには非がありません。

「何が良く」て、「何が悪い」かなんてまだ判別出来ませんからね。

私の意見としては、子どもを持つ親なら誰もが感じると思いますが、の判断はまだまだつきません。

大勢の共同生活の中で培われるものだから小さい子どもに怒ること自体間違えていると思います。それにトラウマ(心の傷)にもなりかねません。

だから親としては公共の場では子どもから目を離してはいけないのです。

公共の場では「楽しむ」のではなく「一緒に楽しむ」こと

f:id:iarann:20190711184835j:image

子どもから目を離してはいけないとなると、子どもに注意がいきがちで楽しめないという親がいます。

確かに予測不能な子どもを見ながら楽しむというのは「不可能」に近いと思います。

けど、「一緒に楽しむ」という考えならどうでしょうか?

子どもは何が楽しいのか分からなくても、親が楽しんでいたら楽しくなるものです。

子どもは飽きるから新しい楽しみを見つけて善悪の判別なく行動を起こすのです。

親子で楽しめるとトラブルも少なくなるのではないかと私は思いますよ。

まとめ

まだまだ小さいお子さんに対する考え方が偏ったものになっていると思います。

椅子に座ってスマホに夢中のパパをよく見かけます。

買い物に夢中のママをよく見かけます。

まだまだ親に子どもへの配慮が足りないのが現状ですね。

また注意する側も言い過ぎるなど節度をわきまえないとトラブルにもなりかねません。

何にせよ"思いやる心"が大切だと思いますよ。

 

以上、ありがとうございました☆★