ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

長い休みの後は注意!「5月病」になる人と気をつけたいこと!

どもっ。 夢を叶える人の味方・叶える為に頑張る男リオンリオです(^^)

f:id:iarann:20190508192922j:image

 

最長クラスのGWが終わりました。

次の長いお休みまで遠い…。爆

ベタではありますが連休明けに多い「5月病」について書きたいと思います。

 

5月病って

f:id:iarann:20190508185752p:image

新年度(4月)が始まったら学校に入学したり、会社に就職したりする方(新入生や新卒)も多くいます。

それに部署や勤め先からの"人事異動"や学校でのクラス替え、それにともない一人暮らしなどの新しい環境への期待があります。 でも"やる気"はあるのにその環境に適応出来ないでいると人によっては"うつ病"に似た症状が5月のGW(ゴールデンウィーク)明け頃からちらほら起こることが多いためつけられた名称です。

 

5月病はこんな人がなるかも

f:id:iarann:20190508190059j:image

5月病は誰でもなっちゃう可能性があります。 私もなりました!←苦笑

特に、受験勉強を一生懸命頑張ってきた人や就活など苦労して望んでいた会社に入れた人など《大きな目標を達成》したことによる"燃え尽き症候群"(バーンアウト)のような状態に陥っている人や急激な環境の変化により周りとうまくなじめないような人はストレスを溜め込みやすいので要注意ですよ。

なりやすいタイプ

そもそも5月病の原因って"適応障害"や"うつ病"なんです。

特にまじめで"几帳面な性格"の人や、"責任感が人一倍強い"人など自分ひとりで全てのことを抱え込んで無理しても成し遂げようとする人は特になりやすいので要注意。

全部自分がやるって気負わず、時には周りの人に助けを求めるなどして"全てを抱え込まない"ことが大事です。

 

予防のポイント

f:id:iarann:20190508190323p:image

5月病を予防するためには何より"ストレスを溜めない"ことが何より大切です。

環境の変化で既に身体には目に見えないストレスがかかっています。

だからこそプライベートな時間は好きなことに熱中したり、好きな食べ物を食べることにでストレスの解消に繋がります。

次に適度な運動や規則正しい生活のリズムを心がけることも大切です。 それに今はSNSで同じ境遇の仲間と悩みを『共感・共有』出来るので5月病の予防にも繋がります。

 

5月病かなって思ったら

5月病かな?って思ったらまずはかかりつけ医の受診を受けるといいかもしれません。

肉体的な病気が除外されても不調の原因が分からなかった場合は《5月病のような精神的な病気》の可能性があります。

『特に悪いところがないようなら安静にしておいてください』と言われるお医者さんもいますが、症状が2週間以上続くようなら精神科や心療内科を受診するのもありだと思います。

 

最後に

私も「5月病」になったことがあります。

田舎から大阪に行き、なかなか新しい環境に適応出来ずに涙涙の日々でした。 「5月病」をなんとか克服しようと自助努力もしました。

私の場合はそれまで好物だった"ジャンクフード"や"清涼飲料水"をほとんど摂らなくなりました。早寝早起きも実践して規則正しい生活をして、睡眠時間を最優先に確保することを心がけ、週末にはランニングやウォーキングなどで適度に身体を動かすことで改善が見られました。

でもホントに大事なのは「ストレスを溜めない」ことです。

新しい環境で出来ないのは当然です。 出来ないことをストレスだと思っちゃいけないし、今日溜まったストレスは今日発散してあげるのも忘れちゃダメです。

リアルな話、昨日私の叔父(オヤジの弟)は5月病で会社を辞めてきたそうです。 やばい自体になってます。皆さんも気をつけてください。

 

貴重なお時間と拝読を"ありがとう^^"ございました☆★