ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

赤ちゃんは5W1Hを無視して生きる!大人はいつからその「童心を無くした」のか⁈

どもーっ。夢を叶える為頑張る人の味方、そして頑張る男リオンリオです。

f:id:iarann:20190503145518j:image

GWの大型連休が残り少なくなっていくなか毎朝(AM5時くらい)に2番目の子どもを私の腕の中で寝かすのが日課になろうとしています。

赤ちゃんは5W1H(いつ、どこで、だれが、なにを、どのように、なぜ)を選ばずいつでも全力で自己表現をします。 こっちがどんなに忙しくても御構い無し。自分の要求を貫き通します。

でもにこっと笑ってくれたり、一人遊びをして楽しそうにしているところを見たらなんかこっちまで幸せな気持ちになりますよね。

 

 

赤ちゃんの笑顔は幸せな気持ちにする

f:id:iarann:20190503170107j:image

なぜ赤ちゃんの笑顔は私たちを幸せな気持ちにさせるのか?

当たり前のことですが、大人は誰でも"赤ちゃんだった"時があります。そして小さい頃に"弟妹や甥姪"などの楽しそうにはしゃいだり笑顔を見ているからだと思います。

視界に入るものが全て新鮮でワクワクしていた時がありませんか?

でも大きくなるにつれ自分の中にある《子どもの自分》はいつから姿を消したのでしょうか。

完全になくなったと思ってもそんなことは絶対ありません。

自分の心が巧妙に隠しているだけです。

 

自問

f:id:iarann:20190503210744j:image

  • 《いつから違和感を感じてまで大人ぶった感じをするのか?》
  • 《いつからか【私生活・社会生活】ではしゃぐ大人を見てカッコ悪いと感じるようになったのか?》
  • 《そんな大人を見て恥ずかしいと言う大人になってしまったのか?》
  • 《いつから自分の好きなことを諦めないといけないと思うようになったのか?》
  • 《いつからかみんなと同じようにしないと世間から白い目でみられると思うようになったのは?》

 

『もーいつまでも子どもじゃないんだから』などと言われながら育ったらそんなことを思うんじゃないでしょうか。

 

子どもでいることを諦めた自分に

f:id:iarann:20190503210912j:image

よく"童心に帰る"という言葉を聞きますが別に

 

  • 『無理して大人ぶることなんてしなくていいし。』
  • 『自分が楽しいと思うから"はしゃぐ"んだし、カッコ悪って思われてもいいじゃん。』
  • 『好きなことして、好きなように生きたっていいじゃん。』
  • 『みんなと同じように生きるのがホントに正しいの?』
  • 『いつまでも子どもの心を持って生きたっていいじゃない。』

 

だって大人だもん。

 

よく『大人になりなさい』なんて言われるけど…。

大人って《やりたいことや子どものようにはしゃぐことを我慢したりすることですか? そして世間の常識に縛られ窮屈に生きることなのでしょうか?》

そんなことしてると人生なんてあっという間につまらないものになるはず。

 

魅力

f:id:iarann:20190503211316j:image

自分の感情に素直に従い、自由に振る舞い、何事にも興味がある人。子どものように《今》を全力で生きて子どものような純粋な心で行動出来るからこそ人を動かしたり感動させたり、何かを成し遂げることが出来る。

一言で言えばONE PIECEの"麦わらのルフィー"みたいな人です。

そして引退会見が記憶に新しいイチロー選手。

子どものように楽しんで打ち込む姿や行動力に魅力を感じた人が多いからこそファンがとても多いのだと思います。

それは"魅力であり強み"だと思います。

 

最後に

自分を抑制してまで感情をさらけ出すのが恥ずかしいですか?

構えて楽しむことを躊躇していませんか?

大人ぶってはしゃぎたいのを我慢してませんか?

 

子どもだから。大人だから。

なんて関係ないじゃないですか。

感情をさらけ出して、純粋に楽しんで、気のおけない友とはしゃいで生きると自然に幸せが訪れるはず。 そして何より共感してくれる仲間が増えるはず!

私のブログ概要にもありますが堅苦しく生きるなんて…嫌。

世界は日本より時間にルーズ。お金はないかもしれないけどみんな笑顔です。

少しずつ「無邪気な自分」を解放してあげましょ。

そうなればもっともっと魅力的な自分に会えるはず。 

 

貴重な時間と拝読を"ありがとう^^"ございました☆★

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村