ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

『ドリームキラー』にご注意!私の体験談と対処の仕方とは⁈

どもっ。 夢を叶えるために生きる男!リオンリオです。(゚ω゚)

 

 

夢を実現しようと頑張ってる人の敵"ドリームキラー"についてお話したいと思います。

ドリームキラーって?

f:id:iarann:20190422185105p:image

私の夢を親しい人に話たときです。

聞いたその人は開口一番に、、

『そんな夢見たいなこと無理でしょう』って。

『ごくごく普通の会社員がそんなこと思っても叶わない』って。

皆さんにもそんなこと言われたり、言ったりしたことって思い当たる人はいませんか?

その何気ない会話でも"その人の夢"を潰しているんですよ。つまり"夢や目標"を達成しようと一生懸命頑張っている人の《邪魔したり妨害する人》→それが《ドリームキラー》です。

どんな人がなるのか

f:id:iarann:20190422185400p:image

先にもお話しましたがそれは(結構親しい人)が"ドリームキラー"になる傾向があります。

親だったり、友人、恋人(夫・嫁)、学校の先生、会社の上司などだったりします。

しかし彼らは"助言"しているようでその実は夢や目標を否定してしまっているのです。自分の子どもだろうと恋人であろうと無意識のうちに『出来っこない』という思いが自分(ドリームキラー)の中にあって、あれやこれやの理由で諦めさせてやろうという思いが働くのだと思います。

私の体験談

私は27歳の時に大手企業を辞めて世界一周旅行に行く決意をしました。

もちろん親、当時の彼女(現嫁)、会社の上司や同僚など全員からその夢を諦めるように説得されました。 ホントに何日も。。

今考えてみると助言や説得をしてくれた人全員が"ドリームキラー"だったんですよね。

『危険過ぎるからやめなさい』、『今、会社を辞めてただ遊んで過ごすような旅行してその後の人生はどうするの?』や『会社辞めたら年収はガタ落ちだし、再就職先なんていい条件の会社なんて見つかるか分からない。今仕事を辞めるのはもったいない』などいろんな理由で説得されました。

もちろん心配で言ってくれているのは私にも分かります。けど当人達も無意識で"私の夢"を潰していると思っていないからどんどん踏み込んでくるわけです。では私はどのようにしてドリームキラーから逃れたのか⁈

ドリームキラーの対処法

f:id:iarann:20190422185625j:image

ドリームキラーの"助言を聞かない"こと(その人達を遠ざける)が1番の対策です。でも親や恋人だとそういう訳にもいきません。

なので私はどんな言葉にも負けない"強い意志"と"自分がやりたい"と思うこと武器に半ば強引に会社を辞め世界旅行へ行きました。今振り返れば身勝手極まりないと思いますがそれと同時に思いを成し遂げれた何事にも代え難い達成感を得ました。

つまりは"自己中"(ワガママ)にならないと話し合いだけでは絶対解決しません。平行線のまま言いくるめられるし、気持ちがブレてきてしまいます。まぁそこで諦めるようならそれまでのお話ですが…。

そうなる前にも【決断・決行】し、自分がいかに本気であるか見せつけるのが最良です。

自分がドリームキラーに⁈

知らないうちに自分も"ドリームキラー"になってしまう可能性があります。自分の時は人の助言などを聞かなかったのに、いざ自分が人に助言するとその人の夢や目標を否定してしまうような言動をとることがあるかもしれません。

それは自分の夢より壮大だったとき無意識に"嫉妬感"や"羨望感"などにより諦めさせようとしてしまいます。

やはり、人は人。自分は自分。夢に向かって頑張る人全員を応援する気持ちじゃないといつかあなたもドリームキラーに化けてしまいます。

最後に

f:id:iarann:20190422193149j:image

人は"夢"や"目標"があるといくらでも輝けます。残念なことに人は自分より幸せになることを妬むようになっています。

だからついつい邪魔したり諦めさせたりしようとします。

たとえ子どもが『アンパンマンになりたい』って言い出しても頭ごなしに否定しないとこです。それより一緒になってアンパンマンになれる方法を探してあげるのが1番です。(アンパンマンの声優やアニメ制作の仕事などの道はある)

否定じゃなく、共感や共鳴することで夢のゴールが近づいて来るんじゃないでしょうか。

自分が人の夢を応援していると必ず自分も同じように夢に向かって頑張ろうとしたとき力になってくれます。

否定して断ち切るより、応援して輪を繋げませんか?

 

貴重な時間と拝読を"ありがとう^^"ございます☆★

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村