ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

『タケノコの上手な掘り方』!苦労と大変の一部を紹介します。

どもっ。今日は会社にお休みを頂いて家業を手伝っているリオンリオです(´・Д・)」 しかし花粉症で鼻がムズムズして大変です。。。笑

 

今が旬の「筍(タケノコ)」の上手な掘り方を書きたいと思います。味わう前に知ってほしい生産者の知られざる苦労と知れば掘りたくなる情報です(*'ω'*)

 

タケノコ鍬

f:id:iarann:20190419105832j:image

タケノコを掘る時に使う道具です。タケノコ鍬(正式名称不明)ですが地方によって名前や形が違うので一概には言えませんが、私のところで使っているのはこちらです。ちなみに名前は調べるまで知りませんでした!笑 簡単に説明するとタケノコの根元からテコの原理で掘り起こすというものです。

フィールド

f:id:iarann:20190419110230j:image

若干草木が生えていますが(時々草刈りなどします)これくらいだと比較的タケノコは見つけやすいです。しかし枯葉や穴ボコがなどで足を取られることがあるので注意しないといけません。

そして時間帯によりますが、害獣(イノシシ等)に出くわす時があるので特に注意が必要です。

掘り方(実践編)

f:id:iarann:20190419110733j:image

さてタケノコを見つけました。こちらはまだ掘りやすいものに分類されます。これくらい大きくなれば少し掘れば全容が見えてくるものが多いです。

f:id:iarann:20190419131302j:image

↑このように周りの土を掘り起こしてあげます。そうしないとタケノコは抜けません。でも乾いた土だも掘り起こすにも力が要りますし、手元が狂って途中でタケノコを傷つけてしまう可能性があります。

一番厄介なのが"タケノコの根"が周りにあるときです。根伐り(ねぎり)しないとタケノコは出てきませんし上手く掘れません。

f:id:iarann:20190419131753j:image

話は逸れましたがある程度まで掘り起こしたらいよいよ鍬を入れて掘り起こす時です!穂先(タケノコの緑の部分)が手前に向いているので根っこのところとタケノコを離すような感じで数回突いて切り離します。そしてテコの原理を使って押し上げます。

f:id:iarann:20190419132951j:image

上手く根っこを切りはなせると綺麗なままタケノコを掘り出すことが出来ます。私もまだまだ未熟者です。2割くらいは失敗しますし、普段歩き慣れてない山に四苦八苦しながらタケノコを探して掘っています(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

f:id:iarann:20190419162844j:image

綺麗に掘れるまで修行の日々です。1年に1回の季節で"3月の終わりからゴールデンウィーク"までの短い間と限られています。普通の会社員で子育てしていたら手伝ってあげられる機会は限られますが将来は自分がやらなくちゃいけないので出来る限り手伝ってあげたいと思います。

最後に

f:id:iarann:20190419163238j:image

タケノコ農家は速さが勝負です。(※後になれば市場にありすぎて値崩れをします) そしてJAなどに卸す訳ですが"手数料"や"諸経費"でなかなかの額を引かれます。

昔はよく"タケノコ御殿"なんて言われた時代もありましたが今では程遠いです。山の管理(草刈りや害獣対策など)が1年を通して必要な農業です。苦労の割には報われない現状を目にしていますので"絶対仕組みを変えたい!"って本気で思っています。

生産者=卸問屋がWIN-WINの関係を築けるように働きかける努力も必要だと思いますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

貴重な時間と拝読を"ありがとう^^"ございます☆★

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村