ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

『習慣化のプロセス』!成功さすためにはロケットを飛ばすのと同じくらいエネルギーを使ってやるしかありません!

f:id:iarann:20190312062542j:image

ロケットや宇宙船を発射する際に、上昇するための"最初の数分間"や"数キロ"で必要とするエネルギーはそれから後の"数日間、およそ70万キロ"にも及ぶ宇宙で活動するために使用するエネルギーをはるかに上回るものであります。

「習慣化のプロセス」はこのロケットの打ち上げとよく似ています。ロケットなどを打ち上げる際に最大の難関となるのは"大気圏を抜ける"ことだそうです。冒頭でも書きましたが大気圏を抜けるには"膨大なエネルギー"を必要とします。それは地球の重力が働きロケットを地上に引き戻そうとするからです。しかし、大気圏を抜け宇宙に出れば"重力の法則"から解放されますので非常に少ないエネルギーで進むことが可能となるのです。

f:id:iarann:20190312104235j:image

これを"習慣"に例えると重力が習慣をやめさせようと意思や身体の反応です。よって大気圏を抜けるまでが"習慣化のプロセス"にあたります。宇宙空間は習慣化が定着した状態だと思って下さい。つまり、一度"習慣化しちゃえば"非常に少ない労力で何事も続けられるというのは無重力の宇宙を少ないエネルギーで進めるロケットと似ていますよね。

f:id:iarann:20190312122404j:image

ロケットは効率的に大気圏を抜けるよう非常に緻密な設計がされています。それと同じく習慣化のプロセスにも緻密さが必要だと思います。しっかりとした計画や明確な目的がなく"なんとなく"闇雲に始めてしまうと身体の拒否反応(ホメオスタシスの働き)などに挫折しまう可能性が高くなります。

f:id:iarann:20190312152030j:image

習慣化に成功する人と失敗する人の明暗を分ける『3つの難関』があります。

(1日〜7日)身体が変化に反発→すぐにでもやめさせようとするして42%が挫折

(8日〜21日)肉体的に精神的にも不安定→人や予定に振り回され40%が挫折

(22日〜30日)倦怠感を感じる→マンネリ化になってしまい続けることがだんだんと飽きて18%が挫折

注目すべきは【最初の7日間】での"挫折率が42%"もあります。 

例えば"運動を全くやっていなかった人"がいきなりランニングなどをして翌日に筋肉痛になって諦めてしまったり、"日記やブログなどを書き始めて"も思った成果が出なかったり思ってたのと違って急に熱が冷めたりと様々な要因が考えられます。

また不安定な時も40%と高い数字ですが期間は14日間と長いです。でも反発期は7日間と短いですが42%も挫折していることからいかに最初が肝心なのか分かります。

よく"3日坊主"と言いますがこの『7日間までが最大の難関』だと言えます。さらに不安定な時を乗り越えることで8割は習慣化に成功したんではないでしょうか。

なのでいかにどんな理由があろうと続けることが大切なんです。

貴重な時間と拝読"ありがとう^^"ございます。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村