ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

『1年後の自分を想像』して下さい!なりたい自分がイメージ出来ていますか?そしてそれを口に出して言ってますか??

「imagine(想像してみてください。)」

f:id:iarann:20190305104802j:image

(ジョンレノン・イマジン 画像引用)

1年後、2年後、あるいは10年後にどんな自分になっていたいのか??

それを語る機会があるたびに熱く話す人がいます。そんな人は1年後、2年後…には必ず自分が思うような人になっていることがあります。

自分は"どんな自分になる"ことを願っているのか、"どんな人物"を目指しているのか。それを絶えず親しい仲間などに【語り続けること】こそ大切です。

語った言葉は耳を通じて自分の"潜在意識"に思いを浸透させます。「ウソから出たまこと」のようにウソでも100回言えばそれが真実になるのです。言葉の力は偉大なんですよ。

そして日本人はとても謙虚ですよね。

こんな言葉をよく使う人が多いのではありませんか?

「もし、出来ればですが…」や「そうなれたならいいんだけど私には…」、「言うのも厚かましい望みですけど…」など。日本人の"謙虚"であることは美徳とされますがもう少し欲望を丸出しでもいいんじゃないですか。

一方で欧米人は夢(未来)というよりも自己への確信(確定した姿)を口にする人が多いみたいです。

常に「I will〜(自分はこうなります。)」と自分にも他の人にも宣言するようにいいます。

こう言い切っちゃうと根拠はない"自信"が生まれます。それを口にするたび"自信が"強くなります。自信が強くなればそれは"確信へと昇華(1段階上)"していきます。その絶対的な自信は周りの人々を動かして、潜在意識がも働くようになり夢は確実に現実のものになっていきます。

f:id:iarann:20190305123321j:image

(画像引用)

『海賊王に俺はなる』

一度は聞いたことのあるセリフではないでしょうか。アニメ"ONE PIECE"の最後には必ずこのセリフで締めくくられています。

"海賊王"を夢みるモンキー・D・ルフィーとその仲間たちの冒険を書いた漫画です。

この言葉は敵、味方関係なく"ルフィー"は公言(宣言)しています。無理だと笑う者もいれば応援する者もいます。

大事なのは信念を曲げず突き進むことだと思います。

貴重な時間と拝読."ありがとう^^"ございます。

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村