ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

『筋トレ』と『ダイエット』の密接な関係⁈一石二鳥の効果があるかもしれません!

"筋肉を鍛えること""ダイエットすること"は密接な関係があります。

いくら"食事制限"や"身体に良い食事"を心掛けても消費カロリーより、摂取カロリーの方が高ければ好転しません。それを少しでも改善するためには筋肉を鍛えることです。筋肉がつくと"脂肪燃焼効率"も良くなるので筋肉量が少ない女性にはオススメだと思います。

f:id:iarann:20190228122507j:image

筋トレといえば高重量(バーベルやベンチプレス)というイメージを持つ方も多いと思います。しかし低~中重量(中身はお水で2ℓのペットボトルや1㎏〜5㎏くらいのダンベルなど)で回数を重ねるトレーニングには"脂肪燃焼効果"を得られるというメリットもあります。

ダイエットをして減量するためにまず筋トレを勧められることが多くあります。まずは『体の中で熱を作るための筋肉』をつけた状態で、筋肉に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させる有酸素運動(ウォーキングやランニングなど)を組み合わせることにより効率的に減量することが可能になるんです。

f:id:iarann:20190228122546j:image

筋肉をつける段階で分泌される"成長ホルモン"は、体脂肪の合成を防止し、すでについている脂肪組織の分解を促進する効果が期待できます。なので筋トレを習慣化することにより、成長ホルモンの分泌を促進し"脂肪燃焼"と"筋肉をつける"という2つの面からボディメイクにつなげることができます。

しかし筋肉は年々減少していきます。高齢となり筋肉が落ちれば、足が思ったほど上がらなかったり、歩く速度も思った以上に遅くなったりします。

 その結果ちょっとした段差で躓いて怪我をしたり、横断歩道を渡り切れなかったりする危険性があります。

そのようなことを防ぐ意味でも、若いうちに筋トレを行なって予め筋肉量を少しでも多くして、尚且つその筋肉量を減らさないように筋トレを継続することにより身体を動かす機能を維持することが出来ます。その積み重ねが"アンチエイジング"に働くことが、筋肉量を増やすメリットになりますよ。

f:id:iarann:20190228170427j:image

身体を動かすことは様々な良いことをもたらしてくれます。人間は"ライオン"や"チーター"などのように自ら行動しなくても飢えることはありません。しかし身体が萎えていきます。動物が動いてる体調を整えるように人間も動くことで筋肉を使い結果鍛えられていきます。

健康の為にも少しずつ筋トレを始めては見ませんか??

にほんブログ村 ブログブログへ
にほんブログ村