ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

幸せってなんだろう⁈きっと自分なりに思い描く幸せがあるんじゃないですか!

f:id:iarann:20190223184025j:image

突然ですが、今『HAPPY(幸せ)』ですか?

そう聞いたら幸せって何なん?って怒りながら逆に聞き返してくる人や『日々の生活に幸せなんて見出せない』と嘆く人がいます。。。

でも『幸せの定義』は人それぞれです。誰もが自分の思うものを持っています。だから「何をどうすれば幸せなのか⁈」その問いに正解はありません。

お金をたくさん稼いで持ってても幸せじゃない人もいます。休みがたくさんあって自由な時間を過ごせても幸せじゃない人だっています。みんなそれぞれ幸せの感じ方は違うんですから。

f:id:iarann:20190223184527j:image

こんな話を聞いたことがあります。『生きているだけで丸儲け』これは"明石家さんまさん"の座右の銘だそうです。自分の娘に"IMARU"と名付けた由来もそこから来ているのだそうです。

昔は、自分の子どもにそんな名前をつけるのはいかがなもんかと思っていましたが、自分が親になり子育てをする中で、夫婦が一生懸命に素敵な名前を考え、健やかに成長するように名前に込めた願いが分かるようになりました。

 

【子どもは親の全てを奪っていくものです。】

f:id:iarann:20190223184716j:image

全てとは"親の稼いだお金"だったり"子どもに関わる時間"だったり"自分の趣味や夢"などです。でも間違えないでほしいのは自分も同じことをして成長(大きくてもらった)ということです。子どもを育てるのには"お金と時間と体力"が必要です。

親には親のやりたいこともあったはずです。それを我慢してわざわざ自分に"お金や労力"をかけてくれたのに、いざ自分が親になると"時間がない""趣味にかける時間がない"などと悲観する親がいます。

最近ニュースで子どもの虐待事件をよく耳にします。子どもが生まれる前みたいに"自分に使える自由な時間がない"のは分かります。やりたいこともしたいこともたくさんあるでしょう。でも子どもが親と過ごす時間なんて小学生になるまでのほんの数年です。小学生に入れば親と過ごす時間なんて激減しますよ。だからこの貴重な時間を無駄にするわけにはいきませんよね。

子どもがまだ"手のかかる"うちはたっぷりの愛情時間を注いであげようと改めて思った今日この頃です。。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村