ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

ダイエットでカロリーばかりを気にしていませんか?身体に栄養足りてますか??

美容やダイエットに気をつけている人ほど陥りがちな痛いミスがあるって知っていましたか?

それはカロリーを気にするあまり"お肉"や"お魚"1日に必要な量を摂らない(食べない)と言うことです。

f:id:iarann:20190219182731j:image

(イメージ)

ずっとダイエットをしている友達と"おしゃれなカフェ"や"レストラン"に行っても"シンプルなパン''にセットメニューのちょっとした"サラダ"と食後に"カフェラテ"なんていう食事をしていました。その時は不思議には思いませんでしたが、あとあと考えれば必要なエネルギーや栄養はほとんど摂れていませんよね。そんな食事では本人はせっかく努力しているのにいくら頑張ってやっても痩せるのはもちろん綺麗になんて程遠いです。

髪や肌は"たんぱく質"から出来ています。お肉やお魚はたんぱく質のいちばんの供給源です。

新しく補給する材料がなくては"綺麗な肌"や"綺麗な髪"は生まれませんよね。

またダイエットに必要な脂肪を燃焼してくれる筋肉もたんぱく質から出来ています。たんぱく質が不足すると筋肉量がまず減ってきます。筋肉量が少ないと脂肪が燃焼しにくい身体になります。それは太りやすい身体になってしまうことを意味しています。筋肉量や骨量(骨密度)が減るというのはアンチエイジングの観点からも放ってはおけません。

f:id:iarann:20190219183510j:image

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

筋肉や骨など運動器の障害により、日常生活に支障が出る状態。略称ロコモ。

 

<こんなこと、思い当たりませんか?>

「食が細くなってきた」「疲れやすい」「重いものを持てない」「階段の上り下りに手すりが必要」などから、身体機能の低下に気づくことがあります。
また、高齢だから…と気づかっているつもりが、低栄養や身体機能低下を進行させている場合もあるので注意が必要です。

(引用)

f:id:iarann:20190219182353j:image

これは高齢者に関わらず若い人たちもなる可能性があります。昔に比べて外で遊ぶ機会が少なくなったのが大きな要因ではないでしょうか。確かに習い事で勉強する機会が増えていることは喜ばしいことだと思います。でも"文武両道"という言葉があるように勉強も運動も同じようにしないと身体に何らかの支障が出てきます。また大人でもスマホやPCの普及で休日は一日中家に閉じこもる人もいるのではないでしょうか。その状態を長年続けていると…『大変なことになりますよ』

f:id:iarann:20190219185243j:image

そして女性に多い"冷え"で悩んでいる人は、筋力の衰えで生み出される熱量が少ないためだと考えられます。しかし一番の原因は摂取するたんぱく質が不足しているためだと考えられます。

スマート美人を目指すなら、最低でも一食につき手のひらに乗るくらいの分量(100gくらい)の肉や魚は摂りましょう。もちろん""や"納豆"など植物性たんぱく質でもGOODです。

にほんブログ村 ダイエットブログ 無理のないダイエットへ
にほんブログ村