ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

コレステロール値が気になる人へ!卵は食べてもいいんですよ!

最近はコレステロールが気になる方にこれ』などという食品(トクホのお茶など)が増えてきましたよね。今では"若い女性""痩せている人"でもコレステロール値が高い人がいます。なので気を使って神経質になっている人も多いでしょう。

そういう人からよく『最近コレステロール値が気になるから卵などは一切食べない』という話を聞かせんか?自分の周りにそんなことを言っている人はいませんか?

もしそんな人がいたら『今すぐ』今すぐ教えてあげてください。そして声を大にして言いたいです。【そって。。。

 

f:id:iarann:20190206145018j:image

卵を食べたらコレステロール値が上昇するというのは誤解だということが出ています。

 そもそも「卵はコレステロール値が高いから、1日に1個まで」と、卵を摂り過ぎてはいけないといわれるようになったのは、1913年にロシアの病理学者ニコライ・アニチコワらが、ウサギにコレステロールを与えた実験が元になっています。当時、食べ物として体内に摂り入れたコレステロールが人体にどういう影響を与えるかは、まだよくわかっていなかったので、人体での実験は避けてウサギを使って実験が行われました。栄養価の非常に高い卵をウサギに食べさせ続けたところ、血中のコレステロール値はどんどん増加し、ウサギは動脈硬化を起こしてしまったのです。この実験によって「卵はコレステロール値をいちじるしく上昇させ、食べ過ぎると動脈硬化を起こしかねない」という推論が生まれたのです。

 しかし、これには大きな間違いがありました。というのも、ウサギは草食動物だからです。草食動物のウサギは、卵のような動物性の脂肪を含む食品を食べることはありません。食べたことのないものなので、体内での調整機能も働かず、ストレートにコレステロール値の上昇という結果につながってしまったのです。

(引用文)

f:id:iarann:20190206145006j:image

最近の研究によると一日に"2個の卵"を毎日摂取し続けても"脂肪""コレステロール値"に影響を及ぼさないとの結果が示されています。逆にコレステロール値が下がるなど何からの形で改善するかもしれないと言われています。

f:id:iarann:20190206145002j:image

そして料理の仕方がとても簡単で手に入りやすい卵は美容にとって強力な味方です。

  • 肌や筋肉のもとになる優秀なたんぱく質があります。
  • 美肌と目に効く抗酸化成分を含んでいます。
  • 健やかな髪や爪を作るのに役立つビタミンやミネラルが豊富といいことずくめです。

朝食に卵を二つ食べ続けたら体重が減ったとのデータもあります。卵は美容や健康には欠かせない食品と心得て下さい。

ただし出来るだけ"放し飼い"か"オーガニック"の卵を選んで買うようにしてください。