ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

咀嚼する回数を意識して増やすだけで体重は痩せます!

噛む回数を少し多くしてみる。

 

f:id:iarann:20190110081212j:image

 

私はとあるセミナーで

【液状になるまで食べ物を噛むことにより得られる効果があること】を学びました。

半信半疑で実践したところ不思議と自然に体重は少しずつですが落ちていきました。

 

たったそれだけで⁉︎嘘でしょと疑われそうですが…。

でも多くの人はそんなことは知っています。でも本当に実践出来ている人はどれだけいるのでしょうか?

 

どんな食べ方をしていますか?

 

f:id:iarann:20190110202558j:image

 

私も含めてですが特に男性に多くみられるのは、ほとんど噛まずにまるで飲み込んでいるような食べ方をする人がいます。つまり「早食い」です。それでは身体にあまりにも負担をかけてしまいます。

何を『食べるか。』・『食べないか。』で美しさや健康に差が出るということをお伝えしました。↓↓

 

iarann.hatenadiary.jp

 

今回、本記事ではさらに付け加えるなら何を「どのように」食べるかで、美容効果上がりもすれば下がりもするということです。

いくら栄養価の高い食材を使って料理しても、よく噛まなかったり、食べ過ぎたりするとせっかくの栄養素が吸収されにくくなります。

そればかりか、食べ物を消化するための消化器官を酷使してしまい身体に悪影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

「どのように」食べるかとは栄養の消化や吸収を高める食べ方をするということ。栄養価とは、食べ物そのものといい消化の両輪が揃って初めて成り立つものです。

 

よく噛む

 

いい消化の第一条件はよく噛むことです。 通常私たちは5.6回で飲み下ししていると言われています。

〈理想は30回噛んでゆっくり食べること〉です。

 

そうすれば食べ物の表面積が小さく細分化されます。そのため吸収されやすくなるのです。

吸収率が上がれば太りやすくなるんじゃないのか?と思われる方もいらっしゃるでしょう。

これは栄養の吸収が高まる食べ方ですのでカロリー吸収とは関係ないのです。

 

よく噛んで食べると満腹感を早く得やすいので、大食いの危険性がぐっと低くなりカロリー摂取も抑えられますよ。

 

夜ご飯は…控えめに

 

f:id:iarann:20190110202800j:image

 

深夜にご飯を食べると、身体は休んでいても消化器官が働いているためよく眠れません。そればかりか翌日にも疲れが残る原因になります。

また夜に食べ過ぎると朝食べれなくなったり、一日中だるいまま過ごしてしまうという負のスパイラルに陥ります。出来れば就寝の3時間前には食事を終えるか、どうしても深夜になる場合は消化に良いスープなどにして下さい。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村