ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

有害物質から身体を守るには⁉︎ 旬の色どり野菜を食べよう!

毎日暮らしているだけで私たちは身体は、太陽の強い「紫外線」や工場などから出る「化学物質」などやストレス社会から体内に増える活性酸素に悪い油を使った「食べ物」など有害物質により目には見えない細胞レベルでダメージを受け続けています…。

 

f:id:iarann:20190108121824j:image

 

それらが身体を『老化』させます!特に老化を加速させる主な要因は二つあります。

 

それは"活性酸素""炎症"です。

 

でもそれらから身体を守る盾になってくれる食べ物があるって知っていましたか?

まず一つ目は"活性酸素"に対抗してくれるのが色の濃い野菜に含まれるポリフェノールリコピンなどの抗酸化成分です。

 

旬の野菜

 

f:id:iarann:20190108122034j:image

 

旬の野菜ほど栄養価の高いものはありません。野菜の色により効果が異なりますので毎日の食卓にはできるだけ色どりの多いメニューにしてください。

ただし、残留農薬には特に注意が必要です。せっかくの"抗酸化効果"が2割から3割も低下するので、出来れば無農薬で育てられた有機栽培のものを使用してください。

玄米やかぼちゃなど、丸ごと食べるものや皮を剥かずに食べるものは人の身体に入るものですので、無農薬の有機野菜がおすすめです。

最近では醤油や味噌、豆乳なども有機栽培で作られたものが増えてきました。有機栽培の基準を満たした素材で作られた食品に与えられる有機JASマーク」が目印です。

 

美の城壁

 

f:id:iarann:20190108122203j:image

 

もう一つ大切な美のプロテクターは「抗炎症成分」です。

それは"いい油"と"野菜"、それに"フルーツ"などにたっぷり入っています。

『炎症』とは分かりやすい身近な例で言うと日焼けです。

これは目に見える皮膚の"炎症"ですよね。

加えて細胞レベルで進む沈黙の炎症もあります。そうなれば自分でも気づかないうちに発症しています。

過剰なインスリンは太りやすい身体にすると書きましたが、もう一つ【沈黙の炎症発生の元凶】でもあるのです。

 

 

iarann.hatenadiary.jp

 

過度なストレスも同様です。

それに"悪い油"と"※白い食べ物"も炎症を引き起こしますので注意が必要です。

(※白砂糖や白米など精製された色の白い食べ物)

アンチエイジング

 

f:id:iarann:20190108122317j:image

いい油と茶色い食べ物(玄米やゴボウなど)を摂り、悪い油を減らすこと。それこそ"炎症"を抑えアンチエイジングにはとても重要です。

 

抗酸化作用の食べ物は、青魚オリーブなど。

※オメガ3やオメガ9(オリーブオイルなど)の食品やフルーツや野菜、緑茶など。

※オメガ3とはアマニ油やエゴマ油などの植物油やその種子に含まれるαリノレン酸、青魚 の油に含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)など脂肪酸の総称。

(引用文)

 

反対に

 

 

などの摂りすぎには注意して下さい!いずれも過ぎると健康を害しますので意識して控えるようにお願いします。

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村