ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

日本人の『主食』である白米の【いい面と悪い面】を知って上手に健康管理しよう!

白いデメリット

 

f:id:iarann:20190106134435j:image

 

世界にはたくさんの主食があります。

日本ではお米や玄米などの穀物『主食』と呼びます。

 

毎食白米は欠かせないよという家庭も多いのではないでしょうか?

 

だからこそ知ってほしいことがあります。

『白い砂糖』や『白米』など精製された【炭水化物のデメリット】を…。

 

白い悪魔

 

f:id:iarann:20190106134118j:image

 

精製された白い食品は、食物繊維ビタミンミネラルが抜けた状態です。

摂取すると体内に急激に取り込まれ、血糖値を一気に上昇させてしまいます。

 

血糖値とは「血液中のブドウ糖量」のことです。

 

糖質は身体や脳を動かす大切なエネルギーです。

しかし問題なのは{血糖値が一気に上がるインスリンというホルモン大量に分泌されてしまう}ことなのです。

 

それは美容や自身の健康に多大なダメージをもたらします。

 

過激なインスリンの発生には消化しきれずに残った糖を脂肪に変える作用があります。そのため太りやすくなってしまいます。

またシミやシワなどお肌のトラブルの原因にもなり、目には見えない細胞レベルの間で炎症を引き起こす結果「老化」を早めてしまいます。

 

 合わせてお読み下さい‼↓↓

iarann.hatenadiary.jp

 

安定こそ一番

 

f:id:iarann:20190106134918p:image

 

血糖値の激しい変動の繰り返しは、生活習慣病をも招きやすくなります。

また急上昇した血糖値は、その反動で急降下しやすくなります。

そしてすぐに何かを食べたくなるという悪循環を引き起こします。

 

『太らない身体』を目指すというなら、まずは「血糖値を急激に乱高下させないこと」

そして「血糖値が変動する値はゆるやかになるように保つこと」の2つです。

 

血糖値を穏やかに保つ食べ方は、脂肪燃焼率をアップさせて脂肪が蓄積される割合をダウンさせるのです。

 

上手にコントロール

 

f:id:iarann:20190106135018j:image

 

『血糖値のコントロールこそ痩せ体質』の鍵です。

 

上手く血糖値をコントロール出来れば得られるのは美しさだけではありません。メンタル面でも血糖値の急激な乱高下による疲労感を減らし物事に集中出来ます。その結果集中力のアップに繋がります。

思考も鬱傾向が改善され健全で安心した精神状態を保つことが出来ます。

 

血糖値を急激に上げないためには食べる順番はとても重要になってきます。

 

普通はサラダなど野菜から食べると良いと聞きますよね。ですがあえて野菜からではなく肉や魚などのたんぱく質を2.3口先に食べるのがちょっとした秘訣です!

 

また肉や魚の代わりにお酢を使った料理などを食べるのも同様の効果があります。

 

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村