ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

汗をかくだけでは痩せません。 負荷のある運動で脂肪は燃焼します。

すっかり寒くなりました。

夏場より汗をかかなくなってきました。

でもただ単に汗をかくだけでは脂肪は燃焼されません

 

目次です!

 

 

汗をかくこと

f:id:iarann:20181226195320j:image

たくさん運動をして

 

「今日はたくさん汗をかいたから痩せるはず♪♪」

 

と、思ってる方…。

 

「残念ですがそれは間違いです。」

 

筋肉は体温が42度以上になると凝固し始めます。

そして各機能が正常に動かなくなり、身体は生命の危機に晒されます

 

上がった体温をどうにか下げようとする身体の働きが出るのです。

 

汗をかくと体重は一時的には落ちます。

しかしまた水を飲めばすぐに戻ります。

 

サウナや温泉に岩盤浴などしばらくすると温かくなりますよね!

代謝が上がってきたから発汗するのです。

 

ですが、発汗したからといって「脂肪自体」は燃焼するわけではないのです。

 

目には見えない

f:id:iarann:20181226200035j:image

運動する上で自分がどれだけ動いたかやどれだけの負荷があるのか目では見えないことがあります!

 

では、[運動量]や[運動強度]はどうやって意識して知り得たりすればいいのでしょうか?

 

それは

 

【心拍数と運動時間】でみます。

 

ウォーキングなど身体を動かす運動を始めると心拍数は速くなりますよね!

 

心拍数とは【1分間で何回ドキドキと心臓が拍動しているか】を指します。

 

その心拍数を測ることで、今自分の身体がどれくらいハードな運動をして負荷がかかっているかが分かります。

 

自分で心拍数を測るときは、手首に手を置いて15秒間で何回脈を打っているか時計を見ながら正確に数えて下さい!

 

15秒で数えたなら、それを4倍すれば1分あたりの心拍数が分かります。

 

20秒の心拍数を3倍してもいいと思いますよ!

 

もっと手軽に知りたい方は心拍数を測る心拍計スポーツショップなどで売られています。

2000円〜6000円くらいで十分な機能を備えたものが買えると思いますので予算と相談して自分が気に入ったものを試してみるのもいいと思います。

 

脂肪燃焼

f:id:iarann:20181226200219j:image

一般的に脂肪燃焼効果があるのは自分が「ややキツイ」と感じる速さだと言われています。

 

男と女の違い

自分の年齢

今までの運動経験によっても変わります。

 

ややキツイ速さとは「最高心拍数の7割以上」だと言われています。

 

有酸素運動目安の心拍数の計算式↓

 

220-年齢×0.7=

 

キツイ。」

ややキツイ。」

 

という自分の感覚だけでは

自分の身体にどれくらいの負荷がかかっていて、どんな効果が期待できるかわかりづらいです。

 

なので是非ウォーキングの途中に時間をとって目安の心拍数かどうか確かめながら運動を行ってみるのもありだと思います!

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村