ポケモン世代のドーナツ愛好家

様々な日常や役に立ちそうな情報をお届けします。既存の価値観に囚われず再出発です! 全てはユーザーのために☆

心を育てる教育! 愛情の上手な伝え方とは?

子育ては難しいですよね。

子育ての悩みは尽きません。

 

『子どもが順調に育つ鍵』

 

f:id:iarann:20181102145557j:image

 

  1. ママが愛情を上手く伝えている
  2. そして子どもに伝わっているかで決まると言われています!

 

愛情を伝えるには、ママの皮膚などの触れ合いを通じて愛情を伝える事が大切な事だと思います!

 

まずその基本となるのが出産時にあります。

 

私も出産の立ち会いをしましたが、助産師さんが産まれてすぐの赤ちゃんを母親に抱っこさせてあげていました。

 

このすぐ抱いてあげる事が必要なんだと思います。

 

ところが病院によっては、母親に抱かせずすぐ新生児室へ連れ去ってしまう病院もあるそうです。

 

やはり母親の愛情を伝えるためには出産時に、母子が最初に対面する時に抱かせることが重要です。

 

また誕生直後に

抱っこされる回数が少ないと

「サイレントベビー」

になる危険があります。

 

生まれれてから3〜6ヶ月はよく抱っこしてあげましょうと言いたいです!

 

母親の愛情がよく伝わったと感じる赤ちゃんには泣いてもすぐには抱っこせず、今度は我慢を教えることも大切になってきます。

 

  • 十分な愛情をもらって育った赤ちゃんは
  • 滅多な事では泣きませんし
  • 穏やかで
  • 誰にでも愛想よく
  • 子育てが楽なものになります。

 

逆に愛情やスキンシップが足りないよく泣きます。

 

母親からそうした愛情をたっぷりもらって育った赤ちゃんは存在感のある子どもに育ちます。

 

【存在感のある子どもとは?】

 

f:id:iarann:20181102145716j:image

 

自分がこの世に生まれてきたこと

自分の存在に対して自信のある子どもです。

 

自分が親に愛されていると自信のある子どもは存在感のある子どもに育つのです。

 

それには心の子育ても大事になります。

 

【心の子育てとは何!?】

 

f:id:iarann:20181102145759j:image

 

子どもが母親の愛撫で存在感を得て、自分の存在に自信を持って育つ事です!

 

最近ではこの心の子育てを知らない親が増えてます。

 

体の育児ばかりです。

 

病院で貰える育児書も、ミルクの濃さや授乳の回数、オムツのあて方など、体の面倒の見方がほとんどです。

 

心の育児については大切な事があまり書かれていないような気もします。

 

体の育児のみで育てられ、心の育児をあまりされなかった子ども達は、不登校児やイジメ、無差別殺人など大きくなって社会的問題を引き起こす危険があります。

 

これは健全な心の育児がなされていないからだとも言えます。

 

【まとめ】

 

f:id:iarann:20181102145833j:image

そうならないためにもしっかりと愛情を伝えてあげる事が大事です。

 

自分の子どもに

この世に生まれてきて自分は存在してもいいんだと

自信を持ってもらうと共に

心を育てる教育も必要な事ですので親子の触れ合いを大切に

いろんなことにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。