MoneyのP.D.C.A

お金の稼ぎ方やそれに関する情報などを発信していきます!

【P.D.C.A】サイクル回してる?目標を明確にすることで夢に近づける!

ブログのタイトルにもなっている【P.D.C.A】って知っているでしょうか?

幅広い業界で使われる改善策です。

簡単に表現すると、自分の向かいたい道(Plan)、前進しながら(DO)、その道筋の検証を行い(Check)、軌道修正し進む方を明確にする(Adjust)です。

今回は【P.D.C.A】についての記事です。

 

実は身近に使われるP.D.C.A

f:id:iarann:20190831183120j:image

「P.D.C.A」は株式の投資に当てはめるとよく分かります。

「焦ってしまいタイミングを間違えて購入してしまった。」→「次はタイミングを間違えないで時期を見計らうことにする」→「もし、買いたい衝動に襲われたら一晩寝かして冷静になって考えよう」

「株の損失が膨らみ過ぎて(値下がり)、元値には戻りそうもない」→「損失の10%ルールを厳格化し、損失が膨らむ前に手を打つ」

このように計画を変えてあげることでより高い結果を出せるようになるのです。

身近な例として、「頑張って貯金をするぞ(Plan)」→「Aのスーパーで買ったお肉はBのスーパーより200円高かった(Do)」→「今度はチラシを確認して買わなきゃ(Check)」→「手間はかかるけどお店をハシゴするのも視野に入れよう(Adjust)」など無意識のうちに頭でP.D.C.Aを使っているのです。

最終的なゴールはどこですか?

f:id:iarann:20190831183219j:image

自分が目標とするゴールをしっかり見極めて、そこから逆算して行動していくと意識が高まります。

多くの人は「お金を貯めたい」、「お金を増やしたい」と言います。

お金を貯めたい、お金を増やすことは良いことだと思います。

でも最終的には何にお金を使うかというゴールが明確でないとそのお金を活かすことは出来ませんよね。

お金を増やすこと自体が目的になってしまうと、仮想通貨や株の投資など手っ取り早くお金を増やしたいという発想になってしまいます。

でもお金は夢や目標を成し遂げるための手段にしかすぎません。

人生のゴールを意識しておくことで効率よく、効果的にお金を使うことが出来ます。

でも、いきなり「あなたの最終的なゴールはどこですか?」と聞かれたら答えられる人はそんなに多くないと思います。

だから、ゴールのあいだ(中間ゴール)を決めておくと自分が進むべき道がはっきりしてくるんじゃないでしょうか。

最後に

人は無意識のうちに【P.D.C.A】を使っています。

計画を立て、実行して失敗したら次は同じようなことはしないようにしようとします。

そして自分の目指す高みへと、検証しては改善を繰り返してゴールに向かいます。

意識レベルまで落とし込むことで使いこなせるようになるのでまずは明確に書き出すことから始めましょう。

 

以上、ありがとうございました☆★

成功率が上がる言葉使いとは? 少し言い換えるだけで確立は上がります。

「デートして下さい。」

何の気持ちもない人に言われたらあなたはその人の為に「貴重な時間」を使えますか?

そりゃ極限にやることがなければ「はい(いいよ)」と返事をするかと思いますが、ほとんどの人は「ごめんなさい」とお断りの返事をすると思います。

でもちょっと言葉を加えただけでぐーんと確率が上がるなら試す価値はありませんか。

今回はブログでも応用出来る「言葉力」について書きたいと思います。

 

付加価値をつける

f:id:iarann:20190829185454j:image

こちらが一方的に「デートして下さい」と言っても相手になんのメリットもありませんよね。

メリットがなければ人は簡単には動きません。

だからちょっとした一言を添えてあげるのです。

「デザートのケーキが美味しいカフェを見つけたから今度一緒にいかない?」

どうでしょうか。言葉は変えましたが「デートして下さい」と気持ちは同じです。

それに《ケーキが美味しいカフェ》という価値を付け加えることで相手の興味をぐっと引き寄せることが出来ます。

デートのように映画を見て、散歩して、ディナーを楽しんで…のような気構えするものではなく、カフェに行くだけならフランクでプレッシャーのかからないからハードルは低くなります。

言い方を変えるだけ

f:id:iarann:20190829185607j:image

「デートして下さい」も「今度一緒にいかない?」も同じ意味ですよね。

意味は同じなのに、言葉の選び方次第でこうも違うところは日本語の難しいところでもあります。

野球で例えると、「デートして下さい」は真っ直ぐなストレートだとしたら、「今度一緒にいかない?」は変化球といったところでしょうか。

このストレートな言葉と変化球を混ぜてあげることで同じ意味でも成功率は違ったものになります。

例えば納期が遅れそうなときも、「期限を待ってもらえませんか?」というより「頼まれたモノのクオリティを上げたいので期限を待ってもらえませんか?」と言った方が断然結果は違ったものになります。

ほんのちょっと言葉を変えるだけで成功率は違います。

最後に

同じ意味でも「自分よがり」をなくして相手のメリットを提案してあげることで成功率は違うのには驚きです。

時にはストレート(直球)も使わないといけない大事な場面があります。

真剣な場面で変化球を投げてしまうと思わぬトラブルを招くこともあります。

使い分けがとても大切ですよ。

 

以上、ありがとうございました☆★

ブログが続かない人に。「楽しく継続させる方法」とは?

「継続は力なり」

頭では分かっているのに続かない人が多いのが現状です。

ブログ、ダイエット、仕事、早起きなど簡単に辞めてしまうきっかけはホントに些細なことから始まります。

やり始めた当初は「目標に向かって頑張るぞ」という意気込みも忘れて…。それって残念ですよね。

今回はブログを【楽しく継続させる方法】を記事にしたいと思います。

<ワクワクする気持ちを忘れない>

f:id:iarann:20190827173733j:image

突然ですが「辛く、厳しいダイエットを5年続けて下さい」と言われたらほとんどの人は続かないから「無理です」と断ると思います。

考えただけでも途方もないものだと思ってしまいます。

でも1000人に1人とかの割合で続けれる人がいるのです。

その差って「どんな苦行の中でもワクワク出来ることを見つけれる」かなんです。

いつしかブログ更新が苦行になってくる人がいますが、それは「ブログ更新」が目的になっているからです。

《読者を楽しませるぞ》という「人を楽しませる方法」を考えてあげるとワクワクしませんか?

ブログの成長には時間がかかるものです。昨日より読者が増えた、アクセスが増えたなど成長を感じられると長く続くものです。

<目的を忘れない>

f:id:iarann:20190827173654p:image

自分が楽しく思わないブログなど、人が読んでも心に響くものはないでしょう。

ブログ運営を長くしていくと当初の目的が分からなくなってしまいます。

その中で収益化を図るのもいいと思います。でもブログを立ち上げた当初の想いを忘れたらブログはたちまち面白くないものに変わってしまいます。

ブログ更新が義務化になってしまったらこれも「苦行」へと変わってしまいます。

書かなきゃ、書かなきゃと思えば思うほど書けなくなるものです。

「毎日更新」というプレッシャーが重くのしかかってそれが嫌になってやめちゃう人もたくさんいます。

初心に帰ることでブログを始めた時の想いを呼び起こして楽しく継続することが出来ます。

<最後に>

f:id:iarann:20190827173756j:image

苦行のようなものは長続きしませんよね。

苦しくても何か「ワクワクするもの」を見つけたら『楽』に変わります。

《人を愛するにはまず自分を愛せ》という言葉もありますが、人を楽しませたいならまず自分が「ワクワクして楽しく」してないと人を楽しませることなど無理です。

どんな小さなことでもいいので「ワクワクした気持ち」で継続してみて下さい。

 

以上、ありがとうございました☆★

ブログのネタが見つからない人に! ネタに困らない方法とは?

ブログで大事なことは「継続する」ことです。

意気込んで毎日書いているとぶつかる問題があります。

それは「ネタ切れ」です。

どんなに良いスキルを身につけても「書くネタ」がなければその真価は発揮出来ません。

今日は「毎日のネタに困らない」方法を教えたいと思います。

 

主人公は自分

f:id:iarann:20190825192930j:image

ブログを毎日更新している人をみると「よく毎日ネタがあるもんだなぁ」と思ったことはありませんか?

そんな風に自分も出来るのかと問いただした時、「自分には無理だ」と思う人が多いと思います。

そんな人って「立派な文書を書かなければいけない」とか「専門的なことを書いてみんなが唸るような内容にしなきゃ」など強迫観念にとらわれている事が多いのです。

でもそれらは企業のホームページにあったり、プレッシャーに感じたりすることではないのです。

ブログでも時折、自分にしか語れない専門知識や自分らしい言葉は必要です。けどそんなのは時折でいいと思います。

無理に「商品」や「知識」を主人公(メイン)にしようとするからいつか限界が来てしまうのです。

しかし「自分自身」が主人公なら生きている限りネタに困ることはありませんよ。

自分の五感がネタになる

f:id:iarann:20190825193051j:image

ブログのネタはあなたが今日、見たものや感じたことを書くだけでいいんです。

例えば「今日(8/25)は風が心地よい一日だ」という何気なく感じた話題でもいいのです。

でも主人公は自分だから出来れば「自分なりの一言」を添えてあげると、ブログを訪問してくれた読者もきっと喜んでくれるはずです。

少し添削すると、「今日は朝から風が心地よい一日だった。秋の足音が聞こえてくるような季節になった。暑かった夏も、ようやく終わりにさしかかり残り少ない夏を後悔のないように過ごしたいと思う。まだまだ残暑が厳しいかもしれないので油断せずにいきたいものだ。」

ネタは何でもいいのです。

平凡な日常の中に時折、心踊るようなドラマを添えてあげるとブログは引き締まって見えますよ。

ネタがないと悩んだら自分の気持ちを書いてみるものありだと思います。

それでもネタが見つからない場合

f:id:iarann:20190825193241j:image

五感をフルに使って考えても、同じようなネタになって行き詰まったときは「書かない」の一言に尽きます。

ネタが見つからないのに、パソコンの前に5.6時間も座るより、ブログ更新をさっさと諦めて新しいネタを探しに行った方が断然いいと思います。

【ブログ=毎日更新】という人が中にはいますが、ブログを毎日更新するのが目的になってしまったら記事の内容が疎かになってしまうことがあります。

読者は1日や2日くらい更新がなくても減ったり離れたりすることはありません。

むしろ、記事の質が落ちた方が読者離れが多いと思います。

記事の質を確保出来ないなら一日くらいはあけても問題ないと思います。

まとめ

ネタの内容をどんなことに重点を置くかでネタ切れになる可能性があります。

自分自身を「主人公」にしている限りはネタには困らないと思います。

それでもネタが思い浮かばないときは、ブログを休むのも一つの手だと思いますよ。

 

以上、ありがとうございました☆★

ブログで個人ブランドを確立する方法とは?大事なのは熱烈なファンを生むこと!

「ブランド」と言えばどんなモノを思い浮かべますか? 

富士通やSOFT BANKなど、普段から耳にして、使っているモノです。

では「ブランドってなんですか?」と聞かれたりしたら、ちゃんと説明出来ますか…?

大抵の人には難しいものがありますよね。

今回はブログで大事な「個人ブランド」について書きます。

 

ブランド=唯一無二

f:id:iarann:20190823183751j:image

ブランドって、お客さん(読者)にとって他では換えがたい価値があるものだと思いませんか。

スターバックスコーヒードトールコーヒーなど食の好みも人それぞれです。

GUCCI、Clown、AppleTOYOTAなど高級ブランドの好みも人それぞれです。

好きで愛用して使っているブランドはいろいろあると思います。

どれをとってもすごく「価値」があるものばかりです。

だからブランド商品ってとても高いですよね。

それはブランドという《付加価値》があるから高いのです。

でもそれらの価値って誰にとって高いのでしょうか?

そのブランドに興味がない人には高く感じます。でも好きで使っている人には安く感じるかもしれません。

その感じ方は個々によって違いますよね。

そのブランドの価値を感じるのはブランドを愛用している人だけです。

ブログでも「個人のブランド」を確立することで多くのファンを獲得出来て「自分の価値」を高めていくのです。

重要なのは「特化」

f:id:iarann:20190823183921j:image

特化されていない一般的なものはブランドにはなりません。

読者を惹きつける何かがある(特化という)からこそ、一部の人々の心を捉えて離さない「価値」が生まれるのです。

別に日本中の人に見られるようなブログなんて目指しても意味は薄いでしょう。

だって一度きりで二度と訪問してくれない場合だってあるわけですから。

でも「特化されたブログ」に熱烈なファンが500人でもいれば十分収益化出来ますから。

熱烈・熱狂を生み出すのは「特化」されていることであり「平均」ではないのです。

ブランディング方法

f:id:iarann:20190823183957p:image

自分の価値が見出せないという人も中にはいるはずです。

誰でも「特化」したものは持っているはずです。

どんなに自分は平凡なヤツだと思っても、何一つ特色がないということはありませんよね。

でももし、もし本当に特色がなければそのこと自体が逆にすごい特色だと思いませんか?

「全てにおいて平凡な男」ってブログタイトルなら興味を持つ人もいるのではないでしょうか。

私は気になってその人のブログを読んでしまいそうです。

そんな風に自分自身の経歴を逆算(棚卸し)していくときっと何かは見つかるはずです。

「離婚を2回経験した」、「ギャンブルで1000万負けた男」など世間では誇れないようなことでも商品やサービスを組み合わせることで立派な個人ブランドになります。

バツ2の筆者がオススメする出会える結婚相談所」や「ギャンブル依存で全てを失った男が幸せを掴んだ方法」など知りたい人や興味がある人は必ずいます。

負の特性にもプラスの要素を組み合わせることでファンを獲得出来るのです。

まとめ

個人ブランドを確立するには何か人より「特化」したものがあれば大丈夫です。

自分が持っている特化が価値を持てば、多くのファンを獲得し収益につなげることが出来るはずです。

 大事なのは万人うけではなく「一部の人に響く」ブログです。

 

以上、ありがとうございました☆★

ブログで収益を上げたいならまずはコレを続けるべし!

今やWEB LOG(ウェブ・ログ)=【ブログ】はビジネスには欠かせないツールの一つになりました。

この"はてなブログ"ですらPro(有料会員)と無料会員と分かれますが金額を問わず収益を上げている人もいます。

一方で収益を上げたくても思うようにいかない人だっています。

結論からいうとその差って《毎日特定の誰かに向けて記事を書いた結果、それに響いた人がファンになりより多くの読者を獲得した》ことだと思います。

 

ブログ運営で大切なこと

f:id:iarann:20190821180856j:image

ブログを運営する上で大切というより、どんなことをするにも「継続する力」はとても大切であり大事なことです。結局それが一番重要なことだと思います。

そりゃ質とか上手いライティングとかも必要にはなってきますが、「続かないこと」には成果だって出ません。

誰でも一度は体験しているであろう"水やり"もやめちゃうと植物はたちまち元気をなくして枯れちゃいますよね。

それと同じで続かないと芽は出ません。

誰に向けて発信するのか?

f:id:iarann:20190821181003j:image

例えば『今日、一日に起きた出来事を書いた記事』という日記風に書くのこと。

『コンビニ限定の○○○を食べたレビュー』というその商品に興味がある人に向けて記事を書くのでは文書の構成が全く違ったものになります。

そして前者の記事には芸能人でもない限り読みたいという興味は低いと思います。

ましてやブログ初心者が運営するブログで筆者の一日など知りたいと思うでしょうか?

大事なのはペルソナ(誰に向けての記事か)を設定することでそのことに興味がある人のアクセスを獲得して共感や疑問を解決してあげれば《信用・信頼》に繋がります。

検索エンジンを意識する

f:id:iarann:20190821181049p:image

先程の例をとっても「今日一日の出来事の記事」だとGoogleからも評価されません。

パソコンでもスマホでも何かを検索する時って【ローソン 限定スイーツ 味】などと打ち込みませんか?

だから記事のタイトルをつけるときも【昨日発売のローソン限定スイーツを食べた感想】などという記事なら読んでみたいと思う人も出てくるはずです。

読み手のこと意識しない自分よがりな記事ではアクセス数は伸びませんよ。

まとめ

継続することでブログが成長(ドメインパワーなど)していきます。

そしてライティングスキルやSEO(検索エンジン最適化)などの知識も身につきます。

特定の誰かに向いて発信することでアクセスを集めたり、共感してくれる人が現れますよ。